ペニス増大サプリの効果 おすすめ案内

ED治療薬のジェネリックが人気の理由【バルシートなど】

精力剤(ED治療薬)

ED治療薬と言えばバイアグラ、シアリス、レビトラの3種類だが、ジェネリック医薬品を含めると多くの種類が存在する。日本ではED治療薬においてジェネリックの人気が高まりつつある。その理由をまとめます。

ED治療薬においてはジェネリックが主流

ED治療薬においてはジェネリックが主流
ジェネリック医薬品とは著作期限が切れて、同効果のモノを安価に製造できるようになったモノである。医者でも薬局でも処方の際、ジェネリックを勧められることは当たり前にになった。

しかし日本においてのジェネリックの全体的普及率は他の先進国と比べとても低い。いくら同じとは言え、安全大国の日本は注意深いということでしょう。それに医者・病院の推奨率も低いようで、ジェネリックを使用しない理由の1位が「医者が処方しないから」だった。

ネットの普及によって、個人輸入代行という手段で容易に入手可能になったED治療薬、ペニス増大サプリ、勃起薬や精力剤などのたぐいは利用している人が増えている。

その理由はバイアグラなどは日本では医者の処方のみで、保険適用されない為、5万以上など高額になります。その点、個人輸入代行、更にジェネリックとなれば安く購入できます。
ただ人気の理由はそれだけではありません。
ジェネリックの中には正規品より進化したものが存在します。

全く同じではない!

ジェネリックは全く同じではない!
そもそも、ジェネリックは純正品と全く同じモノと思っている人も多いと思うが、実はそうではない。

「主要成分は同じにできるが、製法特許や製剤特許が切れてない場合が多く、コーティング部分に使われる添加物や薬の形状も同じにできない。よって薬が吸収される速度が変わる等の作用自体が大きく変わる可能性があり、効き過ぎる、効きにくい、副作用の出方に違いがあるといった差が生じる。」(某医療クリニックHPより)

主成分は同じなのだが、コーティング部分や形状なんかは違ってもよいのだ。
そしてそれが、「結果的に効力や即効性、安全性につながることはある」と記されていた。それが純正品より良いモノもあれば、悪いモノも存在する。

ED治療薬のジェネリックで中でも人気があるのは36時間効果継続、副作用が比べて少ないとされるシアリス系のモノ。
それ故、シアリス系のジェネリックには、メガリス、タダリス、ルナシアス(旧ジョナリス)など豊富な種類がある。

純正品より進化しているED治療薬のジェネリック

基本的には純正品より、安いのだから効果はあるけど、副作用が強かったりするモノや、その逆のモノも確かに多い。
しかし、最新のルナシアスのように「純正品より効果がある」「副作用が少ない」などと圧倒的なリピート率を誇り、人気を博すモノもある。
それが安価で買えるとあらばなおさらのこと。

バルシート

またバイアグラの最新ジェネリックの「バルシート」は、錠剤ではなくなんとシートタイプに進化持ち運びや水なしで飲めるなどの利便性があるだけでなく、口にすぐ溶けるので即効性がアップしている。
ただでさえバイアグラの即効性は高い(約20分-30分)のに10分位で発動する。

安いだけでなく、進化や強みを持ったジェネリックは人気が出るのは必然だろう。

安心して購入できるからこそ人気が出た

安心して購入できるからこそ人気が出た
個人輸入代行を利用する事で処方箋こそないもの、医者に行く手間が省け、人目にふれず楽に手に入る
偽物、粗悪品、ちゃんと送られてくるかなど懸念要素はあるが、信頼できる購入先があれば何も気にせずともいいのだ。
故に近年で人気がはED治療薬を求める多くの人が個人輸入代行を利用している。

上記で言ったルナシアスやバルシートを扱う個人輸入代行は、他に卸さない、到着してから支払い、それにより到着まで短縮などの対策をとっている。
つまり偽物の心配はなく、払ったのに届かないといった不安、届くのが遅いといったマイナス要素を全て払拭している。

先進国の中ではジェネリックの使用は日本は後れをとっている。「純正品」より劣っているのでは…といった観念に捉われている様だが、先にも述べた通り技術進歩によりジェネリックの質も上がってきているのは確か。だが良質な薬が安価で購入できるとあれば浸透するのは早いだろう。「情報量」がある賢い人が得をするといったところか。

何よりサプリにはない医薬品の「確実な効果」が人気の全てだろう。

コメント