ペニス増大サプリの効果 おすすめ案内

ペニス増大方法まとめ【効果・効率はサプリメントが一番】

ペニス増大や強化研究

ペニス増大の方法は数多くあり、ネットで調べても様々。
その方法は大きく分けると

  • ペニス増大サプリ
  • ペニス増大手術
  • ペニス増大器具
  • ペニス増大トレーニング

4つにに分けられる。
あとはオナ二-の改善やオナ禁で正常化することで本来のサイズに増大することもある。

金、効率、期間、難易度を考えた時、何が最もペニス増大の方法として最適か解説します。

ペニス増大サプリが最も効率的な増大方法

ペニス増大サプリで増大
サプリでペニスを大きくする方法は10年以上も前からあり、今日でも多くのユーザーがいる。
スイカ等に含まれるシトルリンというアミノ酸に増大・精力効果があると認められてから、シトルリンをメインとしたサプリが一気にブレイクしたのが始まり。

しかし実際、シトルリンはペニス増大に重要な成分の1つではあるが、あくまで体を構成するもので精力的な実感はあまりなく
シトルリンをメインにしたサプリはなんとなく…で終わるパターンが殆どだ。

正直に言って、サプリでペニスを増大させる事は簡単ではない。成功者、失敗者が共に最も多いのが事実だ。
今日、成功者が増加した要因には

  • ペニス増大サプリが年々進化し、副作用の心配はなくなり、増大・精力実感等効きやすくなって商品の性能が高くなっている。
  • サプリだけでなくペニス増大に必要なチントレや食事、運動などの情報が増えた、飲み合わせ等の技もある。
  • 上記をすれば高性能な増大サプリには、効果的な成分で構成されている。

故に、正しいサプリを選び、正しく使用すれば十分ペニス増大は可能と言える。

最初は錠剤かカプセルのどちらか1錠だったのが、今ではその両方、あるいは3種類の錠剤orカプセルのサプリも登場している。
成分に至っても、最初は10種類しか配合されてなかったのが今では100種以上配合されていたり、基礎を強化する初心者特化、増大をメインにした経験者特化など「付加価値を持った」サプリも登場している。

進化している一方、アフィリエイターという「ネットで宣伝してお金を稼ぐ者」も多いので古く性能自体低い商品なのに効果がある口コミ、ランキング、ブログなどでおすすめされているが多い。故にペニス増大サプリで失敗する被害者も多いだろう。

失敗しない為には効果や口コミを鵜呑みにせず、成分や構造、新しさなど商品の性能を見比べ、高性能のモノを選ぶと良い。

ペニス増大手術でサイズアップ

ペニス増大手術
ペニスを大きくする手術は主に形成外科で受ける事ができる。
ネットでも広告が山ほどかかっている為、実際どこがいいのか迷う。

医者で「増大」する場合、多くは「陰茎増大」と「亀頭増大」「長茎手術」の3種類がある。

  • 陰茎増大は全体的なボリュームアップ
  • 亀頭増大は亀頭のみボリュームアップ
  • 長茎手術は竿部分を長くする

費用はどれも1回の手術でおよそ5万からが殆ど。
一時的な増大効果はあるが、5万程度の手術では「元に戻ってしまった!」という意見や、カウンセリング時にあれこれ言われ、「30万くらい支払ってしまった」という意見がかなり多い。

手術、治療自体、その日に終わるので早くてほぼ確実な効果がメリットであるが、金額や元に戻るリスク、失敗等の精神的不安、を考えると誰もがおススメしないだろう。

病院に行ったほうが良い人<クリニックの受診>

病院に行ったほうが良い人<クリニックの受診>
手術となると費用面でも安全面でもサプリメントとは大きく異なりますので、どういった方がペニス増大手術に向いているのか、大きく分類すると以下に該当する方々です。

  • 真性包茎(勃起状態でも皮で亀頭が隠れており亀頭が露出できない)の方。
  • 座っている時にペニスが埋まったり、通常時のペニスが小さいと感じる方。(没落陰茎)
  • カントン包茎(亀頭の半分位を皮で締め付けられ、亀頭が完全露出できない)の方。

包茎には「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」の3種類あることをご存知でしょうか?
「真性包茎」「カントン包茎」のどちらかに当てはまる方は、ペニス増大サプリなどを使用せず、クリニックにご相談ください。
サプリメント等で増大してしまうと症状が悪化する可能性がありますので。
ペニス増大サプリメントの中には、「真性包茎やカントン包茎すらも治せる!」と豪語する商品がちらほらあるので、鵜呑みにしないよう注意してください。絶対に治せません。

「仮性包茎」であれば、増大サプリメントを使用することで改善の可能性はあります。
通常時のペニスが極端に小さいと感じる方は、恥骨や靭帯の強度などが影響してるので、手術以外の方法では治せない可能性が高いです。
お腹の脂肪でペニスが隠れてしまってる人はクリニックで脂肪吸引手術をお薦めしますが、ダイエットにお金をかけたくなければご自身で運動と食事制限をするのが1つの手ではあります。

ペニス増大器具を使って増大

ペニス増大器具を使って増大
ペニスを器具で大きくする方法も昔から存在する。
主に2種類あり、矯正器具のようなものと圧力ポンプ型だ。

図左のような矯正型はいわば筋トレ的なトレーニングの一種。図右のようなポンプ型は圧力をかけて血流量を増やし増大させるしくみ。

どちらも増大の確実性は低く、絶大な効果はないが、血流を良くする手段として良いのは間違いない。
またペニス増大器具は不衛生、痛い、毎日やるのがめんどくさいといったデメリットがあるが、費用は継続しないので、サプリの効果アップ、またはチントレの一種としてアリと言える。

器具のみでペニス増大は厳しい現実

器具のみでは厳しい現実
ハッキリ言いますが、ペニス増大器具はオススメできません。
毎日やる辛さ、めんどくささ、ペニス傷つけるリスクなどと効果が見合わないからです。
ペニス増大器具は基本数か月毎日やって1cmとか腫れたのを増大っていうなら…という意見ばかりです。
増大したとしても続けなければすぐ元に戻る可能性もあります。

ペニスに無理な負荷をかけることになり想像以上の痛みを伴ううえ、衛生面の問題もあります。
以下に該当する方であれば、自己責任のうえ、器具の使用をご検討してみてください。

  • 増大サプリメントの効果アップの為のトレーニング
  • どんな痛みでも快楽に思える超ドMな方。

また器具には粗悪品が多くあり、使用方法を誤ればペニスが変形してしまうなど、色々とリスクが高いです。
初心者には絶対にお薦めしません。
鍛えるのであれば、「PC筋」と言われる排尿に関連する筋肉や、「BC筋」と言われる射精のタイミングなどをコントロールを鍛えましょう。
これらは増大器具を使わなくても手法さえ知っていれば、いつでもどこでもお金をかけずに簡単に出来ます。

ペニス増大チントレ・トレーニングで増大

ペニス増大のチントレ・トレーニング
ちんこを自力で増大、またはサプリの効果アップとして、増大成功者の殆どがやっているトレーニング。通称「チントレ」

様々なトレーニングがあるが、幅広く知られているのは血行の良い風呂後にやる、勃起させて根元から亀頭に向かってスライドさせる「ミルキング法」または「スライド法」
それにジェル、ローションを加え効率的にしたのが「ジェルキング法」だ。
むろん、血流をペニスに流れやすくする為にやる。

最近ではイメージ法という、単に想像だけで勃起させる方法も流行っている。
年齢を重ねるにつれやってみると難しいが、想像力の向上、いざという時に勃起しやすくなる、ED改善、 脳から指令でペニスに血流を送りやすくなるなど効果は高い。

その他、精力アップのツボ押しやケツ周りの筋力を鍛えるスクワットなどがペニス増大、勃起力アップ、勃起角度に推奨されている。
やはり自力では時間がかかり、ペニスが増大する確実性は低い為、サプリと連動してやるのが効率がいい

オナ禁でペニス増大(正常化)

オナ禁でペニス増大
正しく言い換えると、オナのし過ぎでペニスが成長し辛く、短小になりやすいのを改善。

オナのし過ぎ、寸止めオナニーはマンネリによって、快感の低下、硬さダウン、EDの原因となり、また脳から血流を送る障害になったりする。
オナ禁は毎日ではなく、むしろ週1-2くらいで推奨されていて、まずは良質な快感を取り戻すことが改善の第一歩とされている。

ペニス増大方法まとめ

ペニス増大方法まとめ
以上、ペニス増大の方法についてまとめたが、
なんにせよ手術以外は努力が必要になってくる。
正しい知識を持って、根気よく実践すれば昔より格段に増大成功しやすいのは確かだ。

日本人男性の3人に1人は、ペニスに何かしらのコンプレックスや悩みを抱えてると言われており、その中でも一番悩みが多いのがペニス増大法です。
悩み人が多い分、いろいろな情報で溢れており、間違った増大の方法を平然と発信しているサイトも多いのも事実。
初心者が真実の情報を見抜くというのは不可能に近いうえ、偽りの情報が出回りすぎてて専門的な知識が必須になりつつあるのが現状です。

コメント